給料や待遇について詳しくチェックしておくと成功できる

IT業界への転職を成功させるためには条件をしっかり確認することが肝心です。私は、新しい転職先を決めるときに仕事内容についてしっかりチェックしました。また、給料や待遇について詳しく聞いてから選んだのでIT業界への転職をしてまったく後悔がなかったです。IT業界への転職をしたときにすぐに大きなプロジェクトをするチームの一員になったのですが、責任が今までと大幅に変わったので最初は戸惑ってしまいました。しかし事前に高いレベルの仕事をするために必要なスキルを磨いていたので自分に任せられた仕事をきちんとすることができました。IT業界への転職をしてからバラエティに富んだ内容の仕事を毎日できるので毎日の生活にハリが出きたのはよかったところです。すぐに新しい職場に馴染むことはできないと思っていたのですが、チームでいっしょに仕事をたくさんすることですぐに他のスタッフの人と打ち解けることができました。転職をすると急激な変化が起きるのですが、刺激的な生活ができるよになってよかったです。

仕事をする環境を大きく変えたいという意識が強かった

私はずっとIT業界とは関係ない会社で正社員として働いていたのですが、働く場所を変えようと思ったのでIT業界への転職をしました。私が以前までしていた仕事は内容がいつも一定しているためあまり刺激がないことが悩みでした。私が望む部署へ異動することができそうになかったので前からしてみたかったIT業界への転職をすることにしました。転職をするときに心配になったのが昇進や降格などについてです。また、転勤をすることも避けたかったので非正規の雇用形態を選んで転職をしました。以前勤めていた正社員のときよりも自由な時間が増えて満足しています。もしずっと同じ就業先にいたならば今のような充実した生活はできていなかったと思います。私がIT業界への転職が成功できたのは、仕事をする環境を大きく変えたいという意識が強かったからです。また、結婚したばかりだったのでパートナーのためにも必ず成功しないといけないという強い使命感があったのもIT業界への転職が成功できた理由だと思います。

高いスキルがある人の方がIT業界への転職が成功しやすい

私がIT業界への転職が成功できた理由は自分でスキルを上げる努力をたくさんしたからです。私は以前からIT業界に興味があったので独学でサイトやアプリを作るスキルを磨いていました。本やネットで学習していたのですが、仕事で使えるスキルを磨くために本格的なセミナーに通っていました。やはりIT業界への転職をするために大事なのはテクニックです。自分のサイトを作る実力を試したかったのでIT業界の短期のバイトに行ったこともあります。転職を成功させるために大事なのはタイミングです。私は転職をしてからきちんと仕事ができる自信を付けるために難しい資格を取ることにしました。望む資格が取れたタイミングでIT業界への転職をしようと決めていたので高いモチベーションを持ってスキルを磨くことができました。以前は働いていても楽しいと思えなかったのですが、IT業界への転職をして毎日楽しく働けているので満足しました。やはり自分の興味のある分野へ転職をしたほうがよい結果になりやすいと思います。

転職をするときの給与交渉は遠慮せずにきちんとする

今の会社が嫌になって、もしくは嫌ではないけど給料が低くて転職をするといったケースは多いと思われます。

「転職できるなら」ということで頭でっかちになって、具体的な待遇交渉が遠慮がちになったり、「ここは嫌だけど我慢しよう。」となってしまうことがあります。

本当の意味の成功は「別の会社に行く」ことではなく、「自分の希望した条件で入りたい会社に入る」ということになります。

例えば、給与面に関しても「今と同じであれば」「下がっても良いです」という方が少なくないのですが、これは別に良いことではありません。
節度を持った金額交渉はマイナスなことではないので「希望額としてはいくら(今よりも上の金額)を希望しておりますが、それ以下の金額であればというのが条件であれば額を見て検討します」という表現にしてみることも大事です。

会社の人に年齢層や立場などでの金額の相場観を聞くというのは失礼なことではないので、そういった点をヒアリングしたうえで金額を提示すれば、的外れな交渉になるということもありません。

環境の変わったし新しいことにチャレンジも出来る、そして給与もアップしたというのが最高の「転職成功」といえると思います。

実際に入ってみて「やっぱりこんな金額じゃ働けない」となってまた転職をするという方がよほどマイナスなので、きちんとした態度、内容でちゃんと給与面の交渉をしたうえでキャリアップをするように心がけましょう。

ホワイト企業へ転職した話

当時の私は、バリバリのブラック企業の「WEB制作会社」にてWebプログラマーの仕事をしていました。
主に、クライアント(Webサービスを運営している会社、広告代理店、飲食店などの店舗)からのオーダーに従って、webページを制作する仕事です。
普段は皆、気の良い人が集まっていて職場の雰囲気に問題はなかったのですが、
納期やホームページ公開直前になると、徹夜が当たり前になり、皆イライラしだすし、体調を壊す人が現れたり、なぜか「徹夜自慢」をする先輩が現れたりしました。
また、ギリギリになって修正・変更を依頼してくるクライアントも沢山いました。
きっとそれぞれの会社の都合があるので仕方がないことなのでしょうが、、。
そんなある日、ふとネットでプログラム記事を読んでいると、
広告枠に転職エージェントの広告記事が表示されました。
ちょうど30代に入るし、家庭も作りたい頃なのでいつまでもこの体力勝負の仕事が続くのか..と不安もありました。
その時は固く転職を決意していた訳ではないですが、自分の「今の市場価値」も気になるなと思い、初めてそういった転職サービスに登録し、エージェントの方に相談に行きました。

すると具体的な転職先や年収などをその日に提示していただき、
トントン拍子で面接が決まりました。

数件書類が通って、数件面接に行きました。
今勤務しているのは、Webサービスを運営する会社で、
その中で一番条件のよかった会社です。
現場のプログラミング知識のある人材を求めていたそうです。

終電が当たり前で時には徹夜もあった生活が、
今では18時〜19時には会社を出ています。
ほとんど残業もありません。
テレビドラマも観れるようになり、趣味の時間も増えました。

「支持される側」から「支持する側へ」転職すると、
こんなにも違うのかと驚いている日々です。
転職してよかったです。