転職成功したかもしれない

何をもって転職成功かはいろいろ考え方があると思います。
入ってみたあとに様々なことがわかって転職失敗だったということはあるでしょう。
それはひとまずおいて、入りたいと思っていた会社に入れたということを成功としてお話しします。
転職先を探すにはさまざまな方法がありますが、なんといっても転職前に実際に仕事をしていた会社に入りました。これだと仕事の仕方、雰囲気など実際に一緒に仕事をしてきたので十分にわかっているわけなので、なんの問題もありません。
会社Aに所属していて会社Bに派遣され、会社Bに転職したということになると、会社Aとしてはおもしろかろうはずがありません。そもそもそいうことをしてはいけないという契約条件があったりします。
私の場合、フリーランスで仕事をしており、個人と契約先の会社との間に会社を挟んでいなかったので、そうした面倒なことがなかったというわけです。
会社に所属している状態で、その会社を通じて仕事をした会社に転職すると、バレたら面倒なことも起こり得るので注意は必要です。

 

 

 

転職成功させるためにはIT業界にしても「正社員」に釣られないこと

転職成功をさせるためには、正社員にこだわりすぎないことも大事だと思います。やっぱりなんだかんだと言いましても、求人記事にて、最初から「正社員採用」となっていたら、そりゃあとてつもなく大きな魅力に写りますよ。

だってどこの会社にしましても、とくに転職となりますと、まずはじめは大抵は試用期間からの採用ですから。まずは正社員採用ではなく、契約社員といった雇用契約からのスタートなことが多いですから。

そのようなご時世においての正社員からのスタートは、とても大きな魅力です。しかしここに落とし穴はありますからね。IT会社側からしたら「正社員で釣っておく」という言葉だってありますから。

要するに、辛い職場環境であっても求人記事で「正社員」をアピールしてそして人を寄せる〜という目的もあるのです。ですから、正社員に釣られて応募したのはいいけれど、職場があまりにも過酷で結局短期間で辞めるーということもありますからね。

だからこそIT業界にしましても、転職成功をさせたいのでしたら「正社員」というだけで飛びつかないように。よく業務内容や会社の評判をチェックしてから応募するかどうかを決めましょう。それが転職成功への手堅い道筋だというものでしょう。

フレックス制なIT会社だったことも転職成功を噛みしめる理由

「人それぞれ」だとは思うのですが、私がIT業界への転職において「良かったな」と思ったところは、IT関連会社の多くが「フレックス制」だということです。

私が就職したIT会社はフレックス制で、タイムカードがなかったのも「良いなー、ここ」と思った理由ですね。暗黙の了解でのコアタイムというものはあるのですが、その日によって違っていたりしましたね。

というか自分が参加しているプロジェクトによって、スケジュールが異なっている感じで、私には合っていると思ったのです。と、いうのも、以前いた会社はサビ残だけは多いもののどういうわけなのか、「時間通りきっちり出てこい!」という会社でしたので、そこにも嫌気がさしていたわけです。

しかし転職したIT会社はフレックス制になっていますので、前日の帰宅が遅かった日は翌日は午前中に出てこなくても良かったりしましたので、「いいわー、ここ」と思ったのですよね。

サビ残があるのは同じなのですが、けれど出勤時間をキッチリ守らなくてはならないという社長からの謎な強要のないフレックス制は私には合っていたので、その点においても、「転職成功した」と思ったのです。

週末にWebの学校に通って転職した話

当時、20代前半の頃の僕は、システム会社で

Webデザイナー/プログラマーとして勤務していました。

その頃はまだ知らない知識やスキルも多く、

自分に「デザインやプログラミングのスキル」が身につくのをとても快感に感じていました。

実際、通勤の行き帰りの電車の中でもデザインやプログラミングの参考書を熟読していました。

そんなある日、互いの価値観のズレによって当時の彼女とお別れしました。

それで自由を感じ、もっと好きなことを極めたい、新しいことをしたい、

という理由で週末にWebデザインとプログラミングの学校に通うことを決心しました。

月〜金まで会社で働いて、日曜日に学校の授業。

土曜は休みですが、学校の課題が厳しく、土曜もほとんど学校にいて、

ポスターやWebサイトなどを日々、制作していました。

休みがないのは辛かったですが、転職を目指してきた、様々な業種の仲間達や

同じようにスキルアップを狙った意識の高いライバルができて、

とても刺激的な日々を送りました。

半年コースで申し込んだのですが、気がつけばもう半年延長して、

一年コースの皆とフルコースの内容で勉強することにしました。

卒業制作は何日も徹夜して全身全霊をかけて作りました。

卒制の発表会は企業の方も見にきてくださり、

多くの方に「採用の面接に来ないか」と声をかけていただきました。

その中の一社に前々から作る作品が好きで、憧れていた会社がありました。

そこのデイレクターさんに「面接に通るかわからないが、ぜひうちに来て欲しい」

と名刺をいただきました。

今の会社も待遇が良いし、環境も良いのですが、

いまいち仕事にやりがいが感じられずにいました。

悩んだ末、早速連絡し、後日面接して内定をいただきました。

今では仕事でも納得のいく作品を作れています。

転職成功の第一歩は採用面接突破なので離職理由大事

IT業界への転職成功のコツとしても、やっぱり勤労をアピールすることだと思います。いや、真面目に働くことは社会人として大前提なことなのですが、しかしやはりとくにIT業界の場合ですと、「責任放棄しないこと」が求められると思うんです。

離職するにしても、「ひとつのプロジェクトが完了するまでは責任を持って仕事から離れないこと」というところをアピールするのがいいと思うのですよね。なんだかんだと言いましても、IT業界は離職率が高い業界です。転職経験が1つや2つ、はたまた3つある人だって珍しくはないものです。

しかし3ヶ月という中途半端な勤務でやめていたりする人に対しては、さすがにそれは眉唾物で見てしまいますよ。3年とは言わないまでもせめて1年はいた方がいいのではないだろうかと思ってしまいます。

けれど、人それぞれで離職理由はあるでしょう。「あ、ここの会社違う」と思ったら、離れるのは早い方がいい場合もありますから。しかしそのような場合であっても、「きりがいいところまではやった」というところが重要ですから。

ですから転職成功させたいのでしたら、まず希望する会社の採用面接にて「きりがいいところまではいた」ということをアピールすることです。転職成功への第一歩はやはり「いい会社に採用されること」だと思いますので。まずは採用面接を突破するためにも大事ですよ。

未経験からのIT業界

私はIT業界未経験で、なんの前準備もせずにIT業界へ転職しました。理由は単純に、ITという響きがかっこよく感じ、毎日ノートPCを持ち歩きながら外出先で仕事をし

ている人たちに憧れていたからです。ただ、未経験で中途入社を受け入れてくれるIT企業なんてないんだろうと最初のころは思っていました。しかし、調べて見ると結構そういった人たちを採用対象にしている企業が多くあることに気がつきました。なのでもちろんそのような記号企業へ応募をたくさんして、内定をもらうことができました。その転職活動のなかでわかったのは、業界未経験者を積極的に採用対象にしているIT企業の多くは、ベンチャー企業である、ということです。私自身、一応ある程度規模の大きいIT企業の中途面接にも応募しましたが、やはり書類選考でことごとくおちてしまいたした。ところが、ベンチャー企業の場合はほぼ100パーセントの割合で面接までつながりました。私がIT企業への転職に成功したのは、そういった的の絞り方に築けたからだと思います。

業務経験を活かして転職した話

私はかつてそのとき働いていた企業を辞め、大手自動車部品メーカーに転職しました。自動車部品メーカーというとITとは関係がないと思われる方も多いと思いますが、私の転職先は車載ECUの開発をしていたため、今までのスキルを活かして転職に成功しました。

私は前職で医療機器の組み込みソフト開発を実施していました。ソフトウェア設計に関する全般的な知識は前職の経験からある程度持ち合わせていました。

採用面接でももちろん技術的なスキルに関する質問もありましたが、正直に自分のできること、できないことを相手に伝えることを心がけて回答しました。面接官も即戦力が必要と口では言いつつも、実際は多少の教育が必要であるという認識があるようで、自動車関連の知識が足りなくてもIT関連の業務知識やプログラミングのベース知識があれば問題ないという感じでした。

採用をいただいた要因としては自分がやってきた経験や持っている知識を正確にアピールできたことが大きなポイントだと思います。

IT系の仕事は面白いです

今まで仕事はつまらないなと感じることが多く、毎日の生活もイキイキしていなかったので転職したいと考えるようになり、未経験ですがIT系の仕事をしたいと考えるようになりました。少しでも生活が変化すればいなと思い、スキル習得もできる仕事なので、未経験でもチャレンジしてみました。ベンチャー企業へ転職したら、同じように未経験入社の方も沢山いるので、色んな意見を聞くことができ、参考になりました。IT系の仕事はイキイキと仕事ができ、そして職場はアットホームな雰囲気なので何でも話せて、仕事以外のプライベートな内容も相談ができ、会社へ行くのが楽しくなったので以前と大きく生活ペースが変化したのを実感するようになりました。かなり充実できる仕事になり、ベンチャー企業へ転職してよかったと感じています。IT系の仕事はやりがいもあって面白いので思い切って転職をしてよかったと実感していますし、良い会社と出会えたので転職は成功しました。

未経験でもIT業種転職でステップアップ

未経験ですがIT系は以前から転職したいと考えるようになりました。やはり自分が今まで経験したことない職種はやる気もでますが、初めてのことなのできちんとIT分野を習得できるかどうか、最初はとても悩みました。未経験でも仕事を通して学ぶ点も多くなり、そして資格取得についても仕事しながらしっかり習得することができるので、なかな満足できます。未経験でも一から学習するとこで、自分のスキルにプラスされるので快適になります。ステップアップできるので、かなり満足できるようになりました。未経験でも計画的に仕事ができ、転職する前とは私生活も大きく変化したのでイキイキと過ごしています。転職後は、覚えることも多く、帰宅後はぐったりしますが、気分転換にスポーツジムへ通うようになるなど、大きく生活が変化して楽しい毎日を過ごせるようになりました。転職して収入アップにもつながり、私生活も充実できるようになったことで成功したと実感しています。

IT系の転職は成功しました

未経験可のIT系人材募集があったので、ウェブサイトからプロフィールを登録して応募してみました。全くの初心者で、資格も取得していませんし出来るかどうか、まずはチャレンジしてみましたが、けっこう面倒見がよいIT系の企業へ転職することができました。今まで営業職だったので、IT系で働いてスキルアップできれば嬉しいですし、学ぶ点がとても多いので、一つずつしっかりと学んでいきたいと考えるようになりました。まず、入社後にはしっかりと3ヶ月間は社員教育があったので、自分なりにスキルを学ぶことができ、仕事を通してIT系の資格取得についても学ぶことができたので、けっこう入社後早い段階で資格取得することができました。また、一つずつステップできるのでプログラミングを習得したり、スキルアップすることができたのでIT系の転職をしたことで、しっかりと技術習得しながら資格も得ることができたので転職してから自信が持てるようになりました。