転職をするときの給与交渉は遠慮せずにきちんとする

今の会社が嫌になって、もしくは嫌ではないけど給料が低くて転職をするといったケースは多いと思われます。

「転職できるなら」ということで頭でっかちになって、具体的な待遇交渉が遠慮がちになったり、「ここは嫌だけど我慢しよう。」となってしまうことがあります。

本当の意味の成功は「別の会社に行く」ことではなく、「自分の希望した条件で入りたい会社に入る」ということになります。

例えば、給与面に関しても「今と同じであれば」「下がっても良いです」という方が少なくないのですが、これは別に良いことではありません。
節度を持った金額交渉はマイナスなことではないので「希望額としてはいくら(今よりも上の金額)を希望しておりますが、それ以下の金額であればというのが条件であれば額を見て検討します」という表現にしてみることも大事です。

会社の人に年齢層や立場などでの金額の相場観を聞くというのは失礼なことではないので、そういった点をヒアリングしたうえで金額を提示すれば、的外れな交渉になるということもありません。

環境の変わったし新しいことにチャレンジも出来る、そして給与もアップしたというのが最高の「転職成功」といえると思います。

実際に入ってみて「やっぱりこんな金額じゃ働けない」となってまた転職をするという方がよほどマイナスなので、きちんとした態度、内容でちゃんと給与面の交渉をしたうえでキャリアップをするように心がけましょう。