仕事をする環境を大きく変えたいという意識が強かった

私はずっとIT業界とは関係ない会社で正社員として働いていたのですが、働く場所を変えようと思ったのでIT業界への転職をしました。私が以前までしていた仕事は内容がいつも一定しているためあまり刺激がないことが悩みでした。私が望む部署へ異動することができそうになかったので前からしてみたかったIT業界への転職をすることにしました。転職をするときに心配になったのが昇進や降格などについてです。また、転勤をすることも避けたかったので非正規の雇用形態を選んで転職をしました。以前勤めていた正社員のときよりも自由な時間が増えて満足しています。もしずっと同じ就業先にいたならば今のような充実した生活はできていなかったと思います。私がIT業界への転職が成功できたのは、仕事をする環境を大きく変えたいという意識が強かったからです。また、結婚したばかりだったのでパートナーのためにも必ず成功しないといけないという強い使命感があったのもIT業界への転職が成功できた理由だと思います。